#飞傲23年新品预告... - @飞傲James的微博 - 微博
#飞傲23年新品预告... - @飞傲James的微博 - 微博

機械翻訳なヤ〜ツ〜

プレビューの前にFIIOのポータブルプレーヤー製品ラインの一般的な戦略について簡単に説明させてください。
2020年以降、FIIOはポータブル製品ラインを縮小してきました。
その主な理由は誰もがストリーミングメディアに移行し、低価格のピュアオーディオプレーヤーの市場はモバイルUSB DACアンプやBluetooth対応ヘッドホンアンプに大きく浸食されています。
Androidプレーヤーもハードウェアのコストが増加しているため縮小は避けられません。
この10年間、ポータブルプレーヤーはFIIOの金の成る木であり、会社の発展と成長に多大な貢献をしてきました。
(金の成る木はちょっと違うか(;´Д`)「金牛产品」)

ここからは大変なんで多少端折る!!!(;´Д`)

1. M15S 3月発売予定
2022年秋に発売される予定でした。
サプライチェーン問題やコロナで遅れましたが、新年明けから生産が開始されます。

M15SはM15のマイナーチェンジモデルです。
主な変更点はSoCがSamsung 7872から現行モデルのQualcomm 660に変更。
DACはAKM AK4499の生産が中止されたためESS ES9038PROに変更。
もちろんM17からいくつかのテクノロジーが移植されています。

M15Sは10,000元以下クラスで非常に競争力のあるモデルになります。

2. M23 秋発売予定
最新のネーミングルールに従い、M23はM11 Plusの後継モデルです。
M23が予定通り秋に発売されると、2年半と非常に長い買い替えサイクルとなります。

M11 Plusは現在でも比較的競争力があり、より多くの新しい機能とデザインを追求していきますが、
現実的には、この2年間、ポータブルプレーヤーの開発、特にオーディオのコア技術において少し停滞しています。
M15Sのような一部のハイエンドモデルを普及させようと思っています。

3. M11S アップデート予定なし
販売継続となります。
M11Sは3,000元以内でAndroidのコア構成(SoC+RAM+FLASH)とオーディオ構成(DAC、アンプなど)に優れた唯一のモデルであるはずです。
もちろん、私たちは自分たちの利益を犠牲にしてそれを行いました。

将来的には、チップの価格が大幅に引き下げられない限り (現時点ではありそうにありません)、M11Sを更新することはできません。
やはり、Androidのプレーヤーを開発するには大きな投資が必要です。

4. M17 アップデート予定なし
M17、今後アップグレードされM27がFIIOポータブルプレーヤーのフラグシップモデルになります。
将来何が起こるかはわかりませんが、少なくとも2年以内により高価なポータブルプレーヤーを発売することはありません。
安心してご購入ください。

○ヘッドホンアンプ編

FIIOのビジネスの成功は、ちょっとした運がなければ実現しませんでした。
もし、数十ドルの軽量ポータブルヘッドフォンアンプがなかったら、私たちは生き残れていたかどうかわかりません。
そのためポータブルアンプには特別な愛情を持っています。
2023年にはQ11、Q13、Q15の3機種を発売する予定です。

1. Q11 3月発売予定
Q11はQ1MKIIの後継モデルです。
Q11はやはりコストパフォーマンスが高く、Q1MKIIに比べてオーディオ性能が向上しており、
特に660mWの推力はモバイルUSB DACアンプとは一線を画しています。
DACにはCIRRUS LOGICのフラッグシップDAC「CS43198」を採用し、柔らかく美しい音質で、日本ヘッドホンショーでもネットユーザーから好評を博しています。

2. Q13 冬発売予定
Q13は発売から3年が経過したQ3の後継機として計画されていますが、まだ企画段階のため機能や仕様が確定していません。
方向性はQ11と同じで出力アップとデザインの変更です。
Q11/Q13は、主にスマートフォンで使用するように設計され、一部のモバイルUSB DACアンプユーザーを狙ったアップグレードです。

3. Q15 冬発売予定
Q15は古参ユーザーから「アップグレードしてほしい」という声が多かったQ5Sの生産終了後の製品ラインアップのギャップを埋めるためのものです。
Q5Sはチップの供給により生産停止が余儀なくされました。
Q15は性能、機能面でよりパワフルなモデルとなり、製品スペック、デザイン、機能面でQ5Sを大幅に改善する予定です。

Q15もQ5Sと同様にBluetooth受信機能を搭載しているため、使用シーンや遊び方が広がります。
また、好評のDCモードも搭載予定です。
Q5Sと比較して、高精細ディスプレイが追加され、操作性が大幅に改善されています。

4. Q7 アップデート予定なし
Q7は今後2年間、FIIOのポータブルデコーダーアンプのフラッグシップモデルであり続けることになります。

Q11/13/15が全て発売された後、ポータブルアンプ製品の更新は1年間休止させて頂きます(チップ製造中止などによる一部マイナーチェンジを除く)。
結局、ポータブルアンプも人気があるとは言えず、技術/機能の開発は比較的盛り上がりのないままです。
4種類の異なる位置づけの製品で、ほとんどの消費者のニーズを満たすことができます。

相変わらずあまり明るくない将来図でございますね(;´Д`)
M11系は一応出すけどM15がボトムラインだよと
10万円スタートの世界が来るのか・・・